ログインできない方はこちら

 

初めての方はこちら

マーケ・営業担当者が抱える実情と課題②

情報発信の主流チャネルは現状4種類。
時間・人数が限られる中で、いずれのチャネルも労力と費用の負担が大きい。

案件創出は、「既存取引企業への営業活動」や「Web問い合わせ/Web広告/Webメディア」の他、
「展示会/セミナー」、「テレアポ・テレマーケティング」の4種類に大きく分類される。
いずれも、労力(時間)と費用がかかるのはもちろんのこと、各案件創出手段ごとにデメリットが存在。
いい面 課題点
既存取引企業への 営業活動 取引先の現状を把握している為、確認に時間がとられず、導入に向けた手間が省ける。 関係値が固まっているため、企業が潜在的に抱えている別カテゴリの需要に対して斬新な提案がしづらい。
Web問い合わせ・ Web広告・ Webメディア エンドユーザが能動的に情報収集しているため、直近で案件化する割合が高い 不特定多数に対しリーチできる一方で、業種/企業規模/担当者役割など絞り込みが困難
展示会/セミナー ユーザー事例など、WEB検索では、ヒットしづらい情報を発信できる。 有効リード(ターゲット企業の選定関与者)まで絞り込むとリード単価が高騰する。また、時間の拘束がある。
テレマーケティング 最新情報など、WEB検索では、ヒットしづらい情報を発信できる。 先方が望むタイミングで情報発信ができず、リードは獲得できても、案件化につながりにくい。